交通事故

保険会社の一方的な治療費打ち切りに対する正しい対処法

保険会社の一方的な治療費打ち切りに対する正しい対処法

「相手方の保険会社から『治療費の打ち切り』を迫られた。まだ治療している最中なのに!」……というケースは少なくありません。

交通事故で負った怪我の治療をしている最中であるにもかかわらず「治療費はもう払わない」などと言われてしまったら、今後どうすべきかわからなくなってしまうでしょう。

本記事では「相手の保険会社が『治療費の打ち切り』を迫ってくる理由」および「『治療費の打ち切り』を迫られたときの対処法」について説明します。

1.保険会社が「治療費打ち切り」を通達してくる理由

交通事故に遭った際、相手方の保険会社は交通事故に関係する治療費や慰謝料等を被害者に対して支払います。

一方、保険会社は利益を出すことを目的とした会社でもあります。被害者への補償を行うのは当然ではありますが、必要以上の長期間にわたる治療費までは負担できません。

そのため、怪我の程度に応じ、事故からある程度の期間が過ぎると被害者に対して「そろそろ治療費を打ち切りたい」という連絡をするのです。

2.治療費を打ち切ると保険会社から連絡が来たときの対処法

治療費は基本的に「症状固定(後で詳しく解説しますが、これ以上治療を続けても怪我は良くならない、と医師が判断した状態のことです。)」となるまでの分は保険会社から支払ってもらえることになっています。

つまり、保険会社から「治療費をそろそろ打ち切る」という連絡が来た場合、「そろそろ症状固定の時期ではないでしょうか?」と遠回しに言われていると思っていいでしょう。

そのため、「治療費打ち切り」について保険会社から打診を受けた後にすべきことは、「主治医に今後の治療の見通しについて確認する」ということです。

(1) 「今後も治療の継続が必要」と訴える

保険会社としては、今後の見通しがわからない状態で治療費を支払い続けることは避けたいはずです。

「現時点であと何ヶ月ほど治療すべきか」をあらかじめ医師に確認したうえで、保険会社へ「医師があと○ヶ月は治療が必要だと言っている。それまでは治療費を負担して欲しい」と具体的な数字を伝えましょう。

それが適切であると保険会社が判断してくれれば、治療費の打ち切りをある程度先送りできる可能性があります。

(2) 後遺障害関係の手続に移行する

医師が「そろそろ症状固定だね」という判断をしたのであれば、その後は後遺障害の手続や書類集めを行う必要があります。具体的には、

  • 医師に「後遺障害診断書(通常の診断書とは異なるので注意)」を書いてもらう
  • それをもとに後遺障害等級認定の手続をする
  • 等級認定が出たらそれをもとに後遺障害の賠償などを保険会社に請求する

などです。

3.治療費が打ち切られてしまった後の対処法

症状固定まで至っていないにもかかわらず、交渉がうまくいかず保険会社に治療費を打ち切られてしまうこともあります。

しかし、多くの方が勘違いしがちですが、「保険会社の治療費打ち切り=治療ができなくなる」のではない、という点に注意しましょう。自費、もしくは健康保険を使って治療を続けることは可能です。

(1) 治療費を立て替え、あとから保険会社に請求する

交通事故の場合は健康保険を使えないと思っている方も多いのですが、それは誤りです。健康保険組合等に「第三者行為による傷病届」という届け出を行えば、健康保険を使って交通事故の治療を行うことができます。

打ち切りの時点でまだ「症状固定」に至っていないのであれば、打ち切り~症状固定までの治療費については後から保険会社に請求できます。

自費診療でも保険診療でも、領収証や診療明細は必ず保管しておきましょう。

(2) 症状固定後は後遺障害関係の手続へ移行する

症状固定となったら、その後は後遺障害関係の手続を行いましょう。

4.症状固定と後遺障害等級認定の関係

交通事故において、「症状固定」や「後遺障害等級認定」は、受傷した多くの当事者にとって欠かせない手順・手続です。

(1) 症状固定とは

症状固定」とは、「怪我の状態が『これ以上治療を続けても良くならない』と判断された状態」のことです。

大まかにいうと、交通事故についての人身への補償は

  • 症状固定前までは「治療費」「傷害慰謝料(入通院慰謝料)」
  • 症状固定後は「後遺障害慰謝料」 等

の2つに分けられ、それぞれ計算されます。

そのため、「症状固定」の時期および内容は、保険会社から十分な支払いを受ける際の非常に重要なポイントになるのです。

(2) 後遺障害等級認定とは

症状固定となった後に残った後遺障害について、その部位や程度によって後遺障害の等級を認定してもらうことを「後遺障害等級認定」といいます。

認められた障害等級によって、後遺障害の逸失利益や慰謝料などの金額が大きく変わります。

もちろん、等級が上であればあるほど金額も増えるわけですが、正しい手続を行っても被害者自身に納得のいく等級が出るとは限らないので、難しいところです。

手続に悪戦苦闘している方、納得のいく等級が得られそうにない方・得られなかった方は、一度弁護士にご相談することをおすすめします。

5.後遺障害と逸失利益や慰謝料との関係

後遺障害についての補償は「逸失利益」と「慰謝料」の2つに大きく分けられます。

(1) 後遺障害による逸失利益

交通事故で負った後遺症により仕事に影響が出た場合、本来貰えるはずだった給与などがもらえなくなったり、減ってしまったりします。

その「事故に遭ったことで得られなくなってしまった利益」に対する補償のことを「逸失利益」と呼びます。

(2) 後遺障害による慰謝料

交通事故で後遺症を負ったことによる精神的負担への補償のことを「後遺障害慰謝料」と呼び、これは等級ごとに相場が定められています。

6.交通事故について弁護士に相談するメリット

保険会社の「治療費を打ち切ります」という通知に対して困惑している被害者は非常に多いものです。しかし、だからといって保険会社といろいろな交渉をするのは腰が引けてしまう…そんなときは遠慮なく法律の専門家である弁護士へ相談、場合によっては依頼しましょう。

弁護士への相談・依頼のメリットには下記のようなものがあります。

  • 治療費打ち切りの打診が適切かどうか、法律の専門家という視点から判断してもらえる
  • 打ち切り前であれば保険会社と交渉して治療費の支払期間を延ばしてもらえる可能性がある
  • 慰謝料等について、裁判所基準(弁護士基準とも呼ばれ、保険会社の基準よりも大幅に高い)での交渉が可能となるため、保険会社からの支払金額が増える可能性が高い

この記事では治療費の打ち切りについて簡単に説明しましたが、治療費打ち切りに限らず、交通事故の交渉で納得のいかないことがあればぜひ一度弁護士へご相談ください。専門家ならではの視点で、交通事故案件を解決まで導きます。

国分寺市、国立市、府中市、小金井市、小平市、立川市、JR中央線・西武国分寺線(多摩湖線)沿線にお住まい、お勤めの方は、交通事故に詳しい泉総合法律事務所国分寺支店の弁護士にどうぞお気軽にご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-501-991 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-501-991
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ